池袋の古い顔を覗かせる街角

池袋は戦後長らく大きな闇市があったところです。

街としての歴史は隣の大塚よりも新しいといわれ、そのぶん戦後の猥雑なエネルギーがどっとなだれ込み、急速な繁栄を遂げました。

これは、新宿にも渋谷にも、多かれ少なかれ共通する要素なのですが、中では池袋がもっともイメージチェンジに時間がかかったことも事実です。

年配の方は、少しも怖いまちと言われていたころの池袋をご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

現在の池袋はすっかり新しく生まれ変わりました。

それでもなお、そこかしこに残る古い街角にもかつての危険な匂いは全くなく、昭和のなつかしい雰囲気を安心して満喫することが可能です。

東口では、グリーン大通りから北へ折れる数々の路地がおすすめですp。

中でも人世横丁と呼ばれる一角は新宿ゴールデン街を圧縮したような景観と雰囲気で独自の存在感を発揮しています。

西口では、やはり北方向に伸びる商店街全体が、エスニックなムードをまとっています。

その中心に座るロサ池袋は、まさに昭和スタイルの娯楽施設の典型。

中に入っているのは、ごく普通の映画館、ゲームセンター、レンタルビデオ店、飲食店にすぎないのですが、複合的にレトロな香りを発散しているのです。

こうした古い顔が残っているのも池袋の魅力です。

今のうちにぜひ体験してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる