セフレサイトでサクラなのか一般女性なのかを素早く見抜け!

セフレサイトでサクラなのか一般女性なのかを素早く見抜け!

出会い系サイトではやっぱりサクラの問題はどうしてもクリアしなければなりません。

サクラというと、やっぱり一番多いのはサイト側のポイント狙いのサクラですね。

でもそういうサクラを防ぐには、ポイント制の出会い系サイトを使わなければいいわけですね。

でも、サクラはそれだけではなく、悪質サイトへの引き込みのサクラがいます。

これは上手に自分のブログを見るように誘ったりしてきますが、入ったみたサイトは超悪質サイトだったということもしばしばです。

そのほかに情報屋からのサクラや、会ってから高額商品の勧誘、宗教の勧誘、美人局的な詐欺など、いろいろなサクラも混じっています。

そうなるとポイント制サイトを使わないというレベルの話ではないわけです。

これらのサクラの共通点は男性の出会いが妨げられることと、金銭的な損害と時間的な損害、情報の損害などが降りかかるということです。

そして、共通点で一番大きなことは、男性を騙そうとしているということです。

騙すためには、男性に大きな期待を持たせることが共有なのです。

つまりあまりにも調子のいい話、美味しい話、期待を持たせる話、甘い言葉などはどれも、一般女性の場合は初めからこのようなことにはなりません。

これらを感じたらすべてサクラだと考えることです。

せっかくメールをもらたから、せっかく返信もらったからということで、なかなかサクラと切り捨てることができない。

まして、甘い言葉で出会いができることをほのめかしてくるわけですから、「きっとサクラじゃない」と考えたい気持ちも痛いほどわかります。

しかし、ここできちんと切らないと後で、結局損をすることになります。

また、すぐにでも会えそうなことを感じさせるのもサクラの特長です。

つまり男性はだれも出会い系を使っているということは、出会いが目的だということです。

だから、その目的を目の前にぶら下げるわけです。

それによって男性はとにかく出会える相手だと考えてしまうわけです。

ポイント狙いのサクラなら、会えるといいながらいろいろな理由をつけて、会えないということになります。

この場合は2週間のメールのやり取りで会えなかったら、サクラと考えた方がいいでしょう。

もちろん、この場合はポイント制のサイトの場合です。

次に出会ってから詐欺などを企んでいるサクラの場合は面白いほどすぐに会えます。

それもすごくいろいろな期待を持たせるようなイメージがあります。

そこが怪しいと言うことをお忘れなく。

次に情報屋の場合はメルアド交換をすぐにしようとします。

この場合はもちろんセカンドアドレスを使うようにすべきでしょう。

サクラは本当に男性の敵とも言いえる存在です。

こんなものに引っ掛からないためには、甘い言葉に鼻の下を伸ばさないことですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる