相手に会ってもらうためのメール術

相手に会ってもらうためのメール術

前述したとおり、顔の見えないメールのやり取りでは文章で相手を判断するしかありません。

ですから、特に最初は丁寧かつウイットに富んだ文章が求められます。

あ、別に難しいことは必要ありませんからね。

ただ、基本的なマナーが出来ていて、なおかつ相手が興味を持ってくれそうなメールを出せばいいんです。

目次

ファーストメールの基本

1人の女性には結構な数の男性からのメールが届きます。

その中で返事をもらおうとするには、最低限必要なことがあると思うのです。

まず、はちゃんと挨拶が出来ていること。

そして、なぜその人に興味を持ってメールを送ったのかを明確にすることです。

最初っから「会いたい」とか、「いきなりエッチ系」なんていうのはバカですからね。

会うどころか、まず返事もくれません。

次に、相手のプロフィールに書かれていることを文章に入れるということ。

これがないと、いろんな女性に同じメールを一斉に送ってるんだと思われてしまいます。

相手の趣味などに質問するカタチが一番手頃ですかね。

メールを長続きさせられる人

会ってもいいかな…となるまでメールが続く人というのはどういう人なのでしょう。

言うまでもなく、こちらに興味を持った人ですよね。

では、どうやって興味を持ってもらうか…年代別でも変わってきますが、まずは共通の趣味があるということでしょうか。

同じ趣味を持つというだけで、不思議と親近感が沸くものです。

特に趣味などない人は、相手のプロフィールに書かれた趣味について「興味はあるんだけど、やったことないんです」と教えてもらうようにするという手があります。

人間、なかなか人に何かを教えたりすることってないですからね。

ちょっと気分よくメールも続くことになるのです。

安心感を提供する

見ず知らずの人と会うというのは、やはりかなりの抵抗感があるものです。

メールのやり取りを続ける中で、それを払拭するだけの安心感を与えることが出来るかどうか。

最終的なポイントはここにあります。

学校や職業といったバックグラウンドはもちろん、性格的に危険な存在ではないといことを分かってもらわない限り本当の出会いは訪れません。

下心はさりげなく 隠しつつ、出来る限りウソの無いメールで誠意をみせましょう。

たんなるメル友ではなくリアルで会うことを目指す以上、必要なのはこの安心感です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる